安心安全のこだわり

地盤保証制度

優和工務店では、契約後、着工前に地盤調査を実施し、建築に適した強度を有してるかを確認します。その結果、地盤の強度が不足していると判断した場合、基礎補強工事や地盤改良工事を行い、建築に最適な地盤の強度を確保します。さらに、お引き渡し後10年間は、万が一の地盤沈下による建物の損害が発生した場合に備え大手損害保険会社の保険による賠償資力の確保を適切に行い、地盤保証を行なっております。

住宅瑕疵担保保険

住宅瑕疵担保責任保険とは、万一、お客様の家に瑕疵(欠陥)が判明した場合に、その修復費用等が保険金により補てんされるものです。国土交通大臣の指示を受けた保険法人の提携検査機関は、基礎配筋検査・上部躯体検査を行い、その検査に合格した住宅に付けられる10年間の構造躯体と防水に関しての長期保険です。

シロアリ保証制度

基礎パッキン工法により床下換気を行いシロアリが嫌う乾燥した床下環境を作ります。シロアリ被害を防ぐことで、人にも環境にも優しい工法を採用。さらに土台にはシロアリを寄せ付けにくいヒノキ材を使用しています。万一、シロアリ被害が発生した場合は、保証約款に基づき補償します。

万がー、自宅から火災が 発生しても家の外へ 避難できる時間を稼ぐ事ができます。

■外部からの延焼防止

隣家からのもらい火による火災に備えて、屋根や外壁、軒裏を防火性の高い構造としています。

■各室防火

火災の発生源と他の部分とを区切る「防火区画化」をしており、火が他室に燃え広がりにくくなっています。加えて耐火性のある壁材や床材を使用しています。

■他室への延焼遅延

壁や天井内部の要所(壁の内部などの接合部)に木材や断熱材の ファイヤーストップ材を設けて、火が燃え広がるのを一定時間食い止めます。


火災保険料は建物の「構造級別」などによって、保険料が変わり、「構造級別」は建物の柱や工法、法令上の耐火性能で判定します。右記は省令準耐火構造と一般の木造構造の保険料を比較したものです。ご不明な点は当社までお問い合わせ下さい。