ZEH
(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

 
 
 

ZEHの取り組み

 

ZEHの周知・普及に向けた具体策

ホームページ・SNS等で、ZEH登録事業者あることを告知 

お客様に初期提案から、わかりやすく説明しご理解いただけるようにパンフレット等などを作成し、ZEH仕様住宅の周知、普及に努めていきます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

メーカー、建材業者と協力し、ZEH仕様住宅を、パッケージ・規格化しコストダウンを図ります。

その他取り組み等

ZEH関連の、セミナーや勉強会へ積極的に参加していきます。
 

 

ZEHとは

ネット・ゼロ・エネルギーハウス

 
断熱性能や設備の省エネ性能を向上させ、太陽光などの再生可能エネルギーの活用によって、年間の一次エネルギー消費量を正味(ネット)でゼロまたはマイナスにする住宅のことです。太陽光発電システムなどによる『創エネ』設備とエネルギー消費のムダを省く『省エネ』設備、『断熱性能』の3つを組み合わせる事により実現していきます。明昇進開発では標準仕様で ZEH の数値をクリアにし、太陽光発電システムで年間の一次エネルギー消費量ゼロを実現します。
 

『創エネ』

太陽光発電システムが、住まいの電気を創り出します。

『省エネ』

オール電化などの設備を採用し、消費電力のムダをカット。

『断熱性能』

高気密・高断熱の住まいは、いつでも住み心地が良く快適です。
 

政府目標

我が国では、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

ZEHの住宅仕様

よく太陽光発電システムのある住宅が「ZEH」と勘違いされますが、これだけでは不十分。断熱性を高めてエネルギー消費量を基準値以下に抑え、家庭内でエネルギーを大量に消費する住宅設備の省エネ性能を高めることも含めて、初めてZEHモデルの住宅といえるようになります。
 

具体的にどんな家?

 
ZEHは省エネをした上でエネルギーを作る住宅です。省エネという点で言えばまず高い断熱性が必要です。断熱材を入れたり、窓を二重サッシしたり、といった工夫を行います。また冷暖房や給湯器その他の設備もエネルギー効率の良い設備を利用し、照明もLED照明を導入する等して省エネ性を高めます。HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム※)を導入し、エネルギーの使用状況をリアルタイムで把握・コントロールすることも省エネにつながります。
※HEMS:エネルギー使用量を計測してタブレット等に表示、使用量を管理する機器。

ZEHのメリットとは?

   光熱費のランニングコストを抑えることができる!

 
最近、家電量販店でも販売価格に並び表示されるようになった「ランニングコスト」。ずっと使い続けていくものだから、消費電力が少ない方が経済的で、販売価格だけではなく、このランニングコストを踏まえて商品を選ぶことは、今や当たり前となっております。ZEH住宅は、エネルギー消費量が正味ゼロなわけですから、電力のランニングコストはかなり抑えることができます。また、大型の太陽光発電システムを取り入れた場合、余った電力を売ることができるため、売電収入で収支がプラスになることも可能です。
 

 

万が一の災害時に家族を守れる住宅

平成16年(2004年)に起きた新潟中越地震では震度7という巨大な揺れが襲い、約30万世帯が停電となり、不安な夜を過ごしました。電気が付かない事が分かっていても、何度もスイッチをカチカチと押し続けた人も多かったと聞きます。災害はいつ、どこで起こるか分からないからこそ備えが大事となります。ZEH住宅なら太陽光発電で電力を生み、充電バッテリーに貯えれば、夜でも灯りがともります。万が一が起こらないのが一番良いのですが、備えはあればあるほど家族を守れると考えます。
 

 

ヒートショックのリスクが低い住宅


暖かい部屋から寒いトイレやお風呂場に移動した時、温度差の影響で血圧が急激に上がり、最悪、心筋梗塞や脳卒中を引き起こすヒートショック。全国の消防機関に調査では、平成23年(2011年)にヒートショックが原因での死亡者は年間1万7000人。これは同年の交通事故死亡者の4倍近くになる数字です。高断熱仕様のZEHなら、部屋ごとの温度差を小さくすることができ、ヒートショック予防対策として有効とされています。ずっと健康で安心して暮らしていきたいという方に、ZEH化は必要不可欠でしょう。